オリックス2021年ドラフト1位予想!

オリックス・バファローズ
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回はオリックス2021年ドラフト1位候補を予想したいと思います!

オリックスは今年、山本、宮城といった先発の柱が安定して白星を稼げていますが

その活躍を成立させているのが打線。

吉田選手に加え、杉本、宗選手らが突如として頭角を現し、打線に厚みを持たせ一躍、優勝争いを演じました。

しかし、それでもまだ野手は足りていない印象。

本拠地が広いので、長打の打てる選手は欲しいですが、中軸を期待できる選手が手薄なのは変わりありませんから、今年は即戦力野手を中心に狙っていくのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

オリックス2021年ドラフト1位予想!

正木大智

慶應義塾大学出身の右のスラッガー。

一本足打法を軸にしてホームランを量産する右打ちの長距離砲。

近年、左の強打者は出てきても右のスラッガーは中々出てこないのが現状で、数少ない右打ちの逸材。

パワーが魅力ですが、率も残せる技術も持っており、フリースインガーという感じでもなく、確率の高さにも期待を持てます。

ポジションはレフトとファーストで、補強ポイントには当てはまるかなと思います。

ブライト健太

こちらも大学生出身の右打ちの強打者。

正木選手と違い、頭角を現したのが4年生になってからなので実績に乏しいですが、それを伸びしろと表現するのかは意見の分かれるところではありますが

活躍を見てみると、良い物を持っており1位候補の可能性はありそう。

体にはバネがあり、パワー以外にも走力もあり、肩も強いなどポテンシャルの高さは魅力。

荒削りなところはありますが、タイミングの取り方には定評があり、どの投手でもアジャストできる可能性を秘めているだけにプロの水に慣れれば非常にスケールの大きな選手になってくれそうです。

 

黒原拓未

 

正木、ブライト選手らは中日、楽天なども狙いそうで、抽選が外れた場合は、即戦力の投手に舵を切るかと。

即戦力の投手で残っていそうなのが、黒原投手。

身長173センチと小柄ですがストレート最速151キロと速球も速く、変化球もスライダー、カーブ、カット、チェンジアップ、フォーク、シュートなど多彩。

コントロールも安定していて、打ち取り方も多彩。

ヤクルトの石川投手と似ていますが、石川投手より球威はあるので、多彩な投球術と力の両面を備えているというのは魅力。

しかし、小柄で既に完成された投手というところで伸びしろは感じないので、大きな成長は期待できませんが、息の長い投手になりそう。

 

山田龍聖

JR東日本出身のサウスポー。

ストレート最速153キロ、スライダー、フォークを武器にする投手で三振でアウトを取るタイプ。

投げっぷりの良さに定評がある反面、荒削りという言い方も当てはまる投手ですが、上位で消えるであろう投手。

チェンジアップの抜けも良く、右打者に対してかなり強力な武器となっています。

高校卒業すると大学ではなく社会人野球を選んだ辺り、早くプロに行きたかったのかなと思いますが、誘惑を断って社会人を選んだところもいいですね。

山岡投手も、同じ経歴でドラ一となり、エース級の活躍を見せていますし山田投手も同じ流れに期待。

スポンサーリンク

まとめ

オリックスは野手の上積みに期待ですが、山岡投手が手術に踏み切った事で先発ローテに穴が空いてしまったのでそこの補強も考えたいところ。

 

今年のオリックスはかなり激減しましたし、即戦力でブーストをかけたいところですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました