楽天イーグルス2021年ドラフト1位予想!

東北楽天イーグルス
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回は楽天イーグルス2021年ドラフト1位予想を行いたいと思います!

楽天は開幕前、マー君の復帰もあって日本一の先発ローテーションと高い評価をされていましたが

実際、

田中、涌井、岸、則本、早川と素晴らしい投手が揃いました。

しかし裏返せばベテランが多く、若手の台頭が少なく早川投手しか安心して1年間、ローテを守ってくれる期待感のある投手がいません。

今年のドラフトも1位は投手か、あるいは長打力が浅村選手しかおらず、右打者が極端に少ない事から大学生のスラッガーを指名する可能性も!

 

スポンサーリンク

楽天イーグルス2021年ドラフト1位予想!

正木智也

慶應義塾大学出身の右打ちのスラッガー。

貴重な右打ちのスラッガーは、なかなか台頭しない中で正木選手は1位候補として名前が挙がっています。

タイミングの取り方が難しい一本足打法ですが、技術に自信のある裏返しとも言え、パワーに加えミート力もあり出塁率もそれなりにあるのがポイントが高いです。

広い球場関係なく20本以上は手堅く打てそうなリストの強さを感じさせ、将来の中軸として期待感があります。

しかし慶應義塾出身のスラッガーはほとんど成功例がないのが気になるところ。

そのイメージを払拭する活躍ができるのか、というところでも注目の選手です。

ブライト健太

こちらも大学生スラッガー。

ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフで、規格外のパワーが魅力。

加えてタイミングの取り方も上手く、プロにアジャストできる素養を持っているのがポイントが高いです。

右打ちのスラッガーとしてかなり注目されていますが、気になるのは実績が全くないところ。

伸びてきたのも4年生になってからですし、それがどう影響するかですが、それを伸びしろを残していると判断するのかは意見の分かれるところですが、活躍しているところだけ見ると、十分に即戦力としても期待できそうです。

 

 

隅田知一郎

続いては投手。

大学生の中でもトップクラスと呼び声高い、隅田投手は即戦力左腕として期待大。

昨年の早川投手に続いて左腕先発の獲得の可能性も。

ストレート、スライダー、チェンジアップどれでも三振を奪える能力の高さ、投げっぷりの良さは非常に魅力があり、完成度は高いです。

課題はスタミナですが、そこは三振を取る投手という事で球数の多さも後押ししている一面はありますが

完投は無理でも勝ちパターンに繋げ、ゲームを作る事はできると思いますし大きなマイナスは感じさせません。

 

佐藤隼輔

こちらも大学生左腕。

ストレート、スライダー、チェンジアップと、左投手としてはスタンダードな球種。

肘の使い方が柔らかく、制球が安定しており即戦力として期待。

ソフトバンクの和田投手と比較される事もあり、出所の見えにくい投げ方はかなりの曲者。

早川投手とはタイプが違うので同じ左腕を狙うにしてもいいアクセントになりそうです。

怪我のリスクが気になるところですが、怪我さえなければ毎年安定して戦力になってくれそうな完成度は評価が高いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は楽天のドラフト予想でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました