日本ハム2021年ドラフト1位予想!

北海道日本ハムファイターズ
出典元: http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id
スポンサーリンク

今回は日本ハム2021年ドラフト1位予想を行いたいと思います!

日本ハムはチーム事情として、打線が課題となっていますが、期待していた清宮選手が思っているより伸びてこないのが誤算で

今年のドラフト1位は野手を指名するのではないでしょうか。

投手陣も補強は必要性を感じるところですが、抽選で外れた場合はまた舵の切り方も変わってくるとは思いますが、日本ハムの1位は野手と予想。

 

その中で1位候補を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

日本ハム2021年ドラフト1位予想!

正木智也

慶應義塾大学の右打ちのスラッガー。

一本足打法とクセのある打ち方ですが、ミート力があり出塁率もそこまで悪くないバッター。

広い本拠地でも20本は打てそうなスケールのある野手で、ポジションはレフトとファーストと、補強ポイントには当てはまります。

野手の中では正木選手は抽選の可能性もある逸材。

昨年の佐藤、牧選手のようにいきなり20本を期待するのは酷にしても、15本は期待できそう。

 

ブライト健太

こちらも大学生スラッガーの選手で、今年急成長を遂げた右打ちの外野手。

ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフで、規格外のパワーが持ち味。

タイミングの取り方には定評があって、プロにアジャストする適応能力に必要なものは持っています。

強肩、俊足という事でトリプルスリーを狙える逸材という声も上がるほどポテンシャルの高い選手ですが、実績がないのがどう影響するか。

その分伸びしろがあるとも言えますが、正木選手と比較してスケールはブライト選手の方が高いですが未知数な実力で1位で指名する勇気があるか。

 

森木大智

もし野手が抽選で外れた場合、高校生投手に舵を切る可能性を考え、残っているかもしれない逸材として森木投手を選択。

森木投手は小園投手と同じように1位候補として名前が挙がっていますが小園投手と違うのは

ここ最近伸び悩んでいる為に評価が割れています。

中学生の頃から注目を浴びていましたが、高校に入っても一気に飛躍するという事がなく、早熟なのではという声もあります。

しかしそれでもストレート最速154キロ、スライダーの切れは抜群とあって能力の高さが窺えます。

 

達孝太

天理高校の未完の大器、本格派右腕、ロマン枠。

スケールの大きな表現がいくつも当てはまる達投手。

身長193センチ、85キロの長身で繰り出すストレート最速は148キロ、

スライダー、カット、カーブ、フォークなどを投げ分けます。

将来性抜群の本格派右腕の特徴として低めに集まるストレート。

身長はかなりあるのですが、重心が低く膝元あたりに投げ込めるのが特徴で、そのかわりに左右のばらつきが気になるところ。

身長が伸び続けている為にフォームが上手く固められずかなり荒れていますが、それもポテンシャルの高さと言い変えても良いと思います。

ロマン枠で、育成はかなり難しいですがモノになった時はスケールの大きい成績を残してくれるのは間違いありません。

本人はメジャー志向が強いので向上心も高いでしょうから、腐る事なく出来る筈。

今年のドラフトの中でポテンシャルの高さは、もしかすると一番かもしれません。

 

風間球打

こちらも高校生右腕。

ストレート最速157キロを放つ、未完の大器。

高身長を活かしたオーバースローはかなりの脅威で、ストレートはかなりの角度、天性のモノを感じさせます。

課題は制球力と変化球、そして細かいフィールディングなどピッチング以外の守備力を磨く必要があり、4、5年かけて育てるロマン型。

いきなり1位での指名は躊躇う球団が多いかもしれないので外れた時に狙うという感じでしょうか。

 

達投手と同じ高身長タイプですが、達投手は横タイプで、風間投手は縦タイプとピッチングスタイルが異なりますが、どちらも甲乙付けがたいですが、風間投手の場合は、近年マウンドが堅い仕様になっていっていますが、それにマッチする要素があってそれがハマってくれるとかなり強力な投手になるのかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は日本ハムのドラフト予想でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました