西武ライオンズ2021年戦力外予想!

埼玉西武ライオンズ
出典元:https://www.seibulions.jp/company/company.html
スポンサーリンク

今回は西武ライオンズ2021年戦力外予想を行いたいと思います!

投手が課題のチームで毎年、多くの投手陣が戦力外を受けていますが

今年もその流れになりそうで、加えて助っ人選手がこぞって危ない立ち位置におり、一掃する可能性も。

それでは早速、予想に入ってきたいと思います。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2021年戦力外予想

松坂大輔

今年で引退を表明した松坂投手。

メジャーから日本球界へと戻ってきた時は大きな話題となりましたが、ソフトバンクの分厚い層を前に結果を残す事ができず

針のむしろになって、戦力外を受けた後、中日でプレーすると2018年は11試合に登板して6勝4敗という成績を残しカムバック賞を受賞。

しかし翌年は振るわず戦力外。のちに古巣復帰となりましたが1軍で登板する機会はとうとう訪れませんでした。

全盛期の活躍を思えば晩年はもがいた野球人生でしたが、最後までしがみつく野球愛でここまで来ましたがとうとう幕引きとなります。

 

内海哲也

炭谷選手のFAの人的補償で獲得した内海投手ですが

ベテランとして経験をチームに共有できるという思惑もあったかと思われますが

戦力として見たとき、もう引き際ではないでしょうか。2軍でも消息を断っているところをみると、今年で戦力外または引退となりそうです。

 

佐野泰雄

主に中継ぎとしてプレーしましたが四球が多く荒れ球に苦労した投手。

今年で28歳ですが、不安定な投球を見るとこれ以上期待を掛けるのは難しいと思われます。

 

中塚駿太

中塚投手もまた制球難に苦しんでいる投手で、大きな武器も取り立ててない事から1軍で戦力になるには物足りなさを感じます。

今年で27歳ですが伸びしろという面で厳しい見方をしないといけなさそうです。

 

吉川光夫

吉川投手もベテラン投手ですが、まだできるかなと思っていましたが年齢の壁に当たり戦力として計算する事はできていません。

巨人にトレードにいった辺りから、かなり衰えは感じていましたが西武でも最後、返り咲くのは難しそうです。

 

ニール

2019年は先発として12勝1敗、防御率2.87と素晴らしいピッチングを見せましたが

あの頃と比べて制球面で不安が出始め、当初の活躍は見る影もなくなっています。

よかった頃を知っているだけに頑張ってもらいたいところですが、このままでは当落線上かと思われます。

 

ダーモティ

先発として期待されながらも1勝もする事ができてません。中継ぎにも配置転換していますが結果は振るわず。

使い所を模索しているような有様ですから今年までかと思われます。

 

スパンジェンバーグ

中距離ヒッターとして、昨年は111試合に出場し、26二塁打、8三塁打、15本塁打を放っており助っ人として素晴らしい働きを見せてくれましたが

今年は打撃が低迷。それに影響してか守備でもミスが見えるなど立場を苦しくさせましたし、契約は微妙なところ。

スポンサーリンク

まとめ

 

投手は戦力外のベテランを掻き集めている印象の西武ですが、ノウハウや経験が欲しいと言ってもそれで投手育成に大きな一手になっているとは言い難いですし支配下枠もほとんどないので

 

ベテランは構想外しそうですね。

3軍制の兼ね合いもありそうですし。

また、助っ人に関してもほとんどの選手がチームを去る可能性がありそうです。

ギャレット投手は一応残しておいてもいいかもですが、それでも主力として期待しているというよりあくまで保険という立ち位置だと思います。

 

ともあれ、チームの主力はほとんどがFAを取得しそうな勢いで、野手の世代交代を急ピッチで行っていますが、投手陣もマズい状態になっていますし

 

ドラフトでは投手を補充するでしょうし、おのずと投手中心の戦力外となりそうです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました