DeNA・宮崎敏郎FA!残留・移籍?ソフトバンクが狙ってる?

FA
出典元:http://www.logo.jp/blog/logodesign/横浜dena!.html
スポンサーリンク

今回はDeNAベイスターズの宮崎敏郎選手の国内FAに関するお話です!

宮崎選手は今年、国内FA権を取得しました。

天性のバットマンの宮崎選手は密かに注目を浴びていますが、果たして去就のほどは。

スポンサーリンク

宮崎選手FA権取得!残留・移籍?ソフトバンクが狙ってる?

今年、FA権を取得する宮崎選手は「ハマのプーさん」という愛称で親しまれていますが

天性のバットコントロールでコンタクト率の高い卓越した打撃を武器に2017年は首位打者のタイトルを獲得しています。

非常にレベルの高い打撃技術を有する宮崎選手ですが、野球人生を振り返ると、なかなかの苦労人で

社会人からプロ入りを果たしているのですが、入団すると毎年、怪我に泣かされるなど苦労を強いられてきた他、セカンドの守備でやらかしなどもあり酷評された事も。

しかし今やチームに欠かせない主砲として君臨しており、サードの守備も安定している事から打撃、守備ともに貢献度の高い選手。

そんな宮崎選手ですが、FA権を取得し、密かに熱を帯びています。

というのも宮崎選手はバットコントロールの巧さから三振をしないのが特徴のバッター。

作戦面で宮崎選手の前で動きやすいなど、三振しないというのは大きな武器となります。

加えてホームランもコンスタントに打っていますし守備も安定している事から非常に魅力のある存在。

サードに着目すればセリーグには巨人、阪神、ヤクルトはサードは強打者が揃っており獲得は見送りそうですが

パリーグに目を向けるとサードが課題のチームはそれなりにあります。

中でも筆頭となるのがソフトバンク。

長らくサードには松田選手がスタメンに座していますが、今も後釜が見当たらないのが現状。

若手選手が育つには時間が掛かりますし、それまでの繋ぎとして宮崎選手を獲得する可能性は十分に考えられそう。

また、宮崎選手は佐賀県出身と、九州繋がりがあります。郷土信仰があれば、常勝軍団であるソフトバンクで骨を埋めるという可能性も。

金銭面や優勝争いができるという面ではソフトバンクは色々と揃っていますし、宮崎選手にとっては悪くない話だと思います。

 

宮崎選手のFAランクは?

宮崎選手を獲得するとなると、気になるのはFAランクですが

チーム年俸の第三位となる1億7000万、つまりAランクとなります。

なので人的補償は発生します。

 

DeNAとソフトバンク 年俸はいくら出す?

宮崎選手は契約更改で単年契約を結んでいますが、FA前年に複数年契約を断り、単年を結ぶ事によって争奪戦を招き、年俸を釣り上げやすいというメリットがあって、あえて単年を結ぶという選手もいるのですが

宮崎選手にもその気があるなら、DeNAはかなりの金額を積まなければいけないと思います。

ましてソフトバンクが狙っているのなら尚のこと。

もし契約するのであれば3年6億+出来高になってくるのではないでしょうか。

単年2億という計算ですが、2億以上出すのは結構なリスクですし出来高でモチベーションを維持してもらう方向でいくかもしれません。

もしくは契約年数を4年や5年など終身雇用を思わせる手厚い契約を提示する可能性も。

昨年のヤクルト山田哲人選手なんかは年俸より契約年数で他球団と差別化を計っていましたが

DeNAも金銭闘争で真っ向からやり合うよりこういう形になるかもしれませんね。

一方のソフトバンクの提示額は

3年9億と予想。

単年3億計算ですから相当破格ですが、出し惜しみのないチームで、バレンティン選手にも2年10億を出していたくらいですからこれくらいの事はしかねないのではないでしょうか。

 

費用対効果に見合うかどうかはともかく、ここ数年FAで連敗が続き、戦力補強が出来ていませんし育成も滞っている事から

単純な戦力の上積みと生え抜き育成までの繋ぎとして獲得に全力を注ぐのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は宮崎選手のFA去就についてでした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました