オリックス・バファローズ2022〜23年トレード予想!

オリックス・バファローズ
出典元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/オリックス・バファローズ#/media/ファイル%3ABuffaloesinsignia.png
スポンサーリンク

今回はオリックスバファローズ2022年~2023年トレード予想です!

スケールの大きなロマン型の選手を投打問わずに獲得するオリックスは

トレードを行った際、他球団で活躍されるケースが多々、見受けられます。

桑原、松葉、小林、伊藤などなど。

それだけ、魅力の詰まった選手が多いオリックスですが、今回はトレード候補について予想していきたいと思います!

スポンサーリンク

オリックス2022年~2023年トレード予想

竹安大知

西勇輝投手のFA移籍による人的補償で移籍してきた竹安投手。

もともと、完成度の高さを評価され、阪神ではエース候補とされていましたが、オリックスに移籍して初年度は、西投手よりも先に完投を果たし、一面を飾りました。

しかし、なかなかレギュラーを掴み切れずに中継ぎ起用もされるなど、苦しい状況。

能力自体はとてもポテンシャルを秘めているのでトレード候補になる可能性もありそうです。

澤田圭佑

ドラフト8位の投手で

主に中継ぎとして起用され、2018年には47試合登板、勝ちパターンとして活躍を果たしました。

年々、成績を落とすも、能力の高さは既に証明済みで球威のあるストレートはかなり魅力があります。

年齢もまだ三十手前という事で、トレード市場では一番の売り時の年齢となっています。

https://twitter.com/BaseballkingJP/status/1223169045626679296?s=20&t=9nXXRm9be0a9Rv4oHLmK7A

山田修義

左の中継ぎ投手で、2019年から2021年まで連続40試合登板を果たしています。

年齢的にもう中堅の域で、伸びしろには期待出来ませんが、トレードでは即戦力を期待する球団も当然いる訳で、実績を作っている山田投手は、候補に挙がればかなり人気が出るかと。

 

漆原大晟

育成ドラフト1位で入団した漆原投手ですが、支配下登録されると、いっときはクローザー起用をされるなどストレートに非常に魅力を感じさせる投手。

オリックスの期待値の高さが窺える漆原投手ですが、まだまだ課題もあり、素材型投手というところ。

スケールが大きい分、育成も難しさがありますが、トレード候補となれば人気の出る投手ではないでしょうか。

 

頓宮裕真

現在、一軍では伏見、若月らと正捕手争いをしている頓宮選手ですが、正捕手として決め手に欠ける状況にあります。まだ年齢的に若い頓宮選手ですが、打撃も魅力の一つで、結果こそ出てはいませんが、結構な球団が捕手不足に嘆いていますし、トレードの候補となれば求める球団はあるのではないでしょうか。

 

西野真弘

社会人出身の二塁手、西野選手はいっときは欠かせない戦力でしたが、近年、スケールのある野手を好む傾向にあり、全体的に若手起用も目立ってきた事から、西野選手の出場数が減ってきました。

コンスタントな打撃が魅力で、堅実な守備力もありますし、即戦力トレードであれば魅力はあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回はオリックスのトレード予想についてのお話でした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました