阪神タイガース・トレードの噂・候補を予想!【2024版】

阪神タイガース
出典元: https://m.hanshintigers.jp/game/score/
スポンサーリンク

阪神タイガースのトレードを予想!2024年は活発なトレードはあるのか。トレードの噂や候補などある選手を紹介します!

スポンサーリンク

目次

阪神タイガース・トレード予想!2024年版

秋山拓巳

秋山投手と言えば、高い制球力がウリの阪神の生え抜きですが、全盛期では球速が150キロに達しないにも関わらず相手打者をバッタバッタとなぎ倒す活躍を見せ、2017年に初めて二桁勝利。そして2021年、2022年に二年連続で二桁勝利をしています。

ですが秋山投手は最近は若手の台頭もあり、昨年はほぼ二軍漬けにされており、二軍のローテを回してチャンスを窺っていました。

昨年の現役ドラフトでは候補にも挙がっており、二巡目が秋山投手だったとも言われています。

全盛期ほどの勢いは感じない秋投手ですが、まだ32歳と若く、もうひと花咲かせる事が出来そうな期待感はある為、先発が手薄なチームは求める声もあるかもしれません。

 

島田海吏

2022年にプチブレイクを果たした島田選手は、貴重なセンターを守る外野手。昨年は主に代打、守備固め、代走でしたが使い勝手のいい選手でした。

しかし島田選手は当然スタメンを狙っているでしょうから、課題の打撃に取り組んでいますが、22年はしっかり成績を残していますし、ストレートには強さを持っているので、十分期待出来る選手。

ですが阪神は外野の層が厚く、プロスペクトも多い事から島田選手の出場機会は後回しにされる可能性は高いでしょうし、外野の守備固めや代走に代わりの選手が出た場合、島田選手はトレードの弾にされる可能性はあるかもしれません。

 

井上広大

西純矢、及川らと同期入団の井上選手は阪神の右の大砲として期待された選手。

しかし今年で五年目となりますが高い外野の層に阻まれ、今年も苦戦しそうな予感。

もともとストレートを捉えるのが苦手で半速球を得意とする選手なので、どうしてもストレートに強い森下、前川らの前では遅れを取っているイメージ。

また、二軍ではたびたび故障している事もあり、なかなか扱いづらいのも気になるところ。

このまま阪神の選手層の中で埋まってしまうならトレードもあるカナと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

岡田監督の考えでは、自前の選手で勝つのを前提としている為、トレードは活発には動かないと思われますし、実際ほとんどの選手がいいのでトレード候補は実際、ほとんどいない阪神。

一番理想的な展開ではありますが、選手層の高さゆえに埋もれかねない若手もいるのも事実で、そういう選手には親心でのトレードも可能性としてあるかもしれないですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました